カメラ

Canon一眼レフカメラEOS kiss x9を買いました。早速レビュー!

Canon一眼レフカメラEOS kiss x9を買いました。早速レビュー!

こんにちは。ライターのイタガキマリコです。
私はカメラが大好きで、Canon一眼レフカメラEOS kiss x9を買いました。この記事では、kiss x9の外観などの機材と、使った感想をご紹介します。

まずは外観の機材を紹介

まず外観の機材を紹介します。主に、レンズ、画面、ボタンなどです。一つずつ紹介していきます。

フォルムは小さくて、持ち運びしやすい

Canon一眼レフカメラEOS kiss x9は、とにかく本体が小さくて軽く、持ち運びがしやすいです。
私は手が大きいとは言えないのですが、それでも手にフィットして、持ちやすいと感じました。
大きさを比較してみると、私が所有しているSONYのミラーレスカメラα5000より一回り大きいくらいです。手のひらに乗せると、ぴったりの大きさでした。

小さくて軽いのは便利ですよね。

レンズはEF-S-18-55mmの標準ズームレンズ

私はシングルレンズキットを買ったのですが、付属していたレンズがEF-S-18-55mm(F値はF3.5-5.6)です。
これはいわゆる標準のズームレンズで、他に、もっとズームすることができるレンズや、単焦点レンズ、マクロレンズなどがあります。
このレンズで写真を撮った感想は、しっかりズームできるし、周りがボケている写真も撮れるし、マクロといわれる、花などに近づいた写真もしっかり撮れるので、とても便利です。

一眼レフカメラを始めたばかり、という人であれば、このレンズだけで十分です。まずこのレンズで自分のイメージした写真が撮れるようになってから、他のレンズを購入してみるといいですね。

液晶モニターはタッチパネルで回転も可能!そしてわかりやすい!

私がこのカメラを選んだ理由の一つが、液晶モニターでした。ポンポンとタッチして動かすことができ、さらに回転もするのです。
そうすることで、使わない時はモニターではないほうを向けておけば、汚れや傷の防止になります。
例えば、人がたくさんいて、普段の位置からでは人の頭しか見えない、という時は高い位置で撮影するのですが、その時に動くモニターがとても便利です。さらに、設定をすると、モニターをタッチすることでシャッターが切れるので、そのまま写真が撮れます。

また、逆に低い位置から撮る時も、モニターがかなり役立ちます。

実際に使ってみてわかったのは、モニターの表示をわかりやすいものと、難しいものに自分で設定が出来るのです。私はわかりやすい表示にしています。すると、かなり写真を撮るための設定方法がわかりやすくなりました。

モードのダイヤルも本能的に動かせる!

電源の隣に、モードのダイヤルがあります。ダイヤルは、カメラをオンにすると、どのようなモードなのかがモニターに表示されます。
今現在の設定で写真を撮るとどのようになるのか、この設定で撮るとどんな写真がとれるのか、が絵として表示されます。さらに、タッチでポンポンと設定を変えることができるのです。

そのため、どんな写真になるのか、どうすれば自分のイメージ通りの写真が撮れるのかがとてもわかりやすいです。

例えば、スペシャルシーンというモードは、いくつかのシーンを選ぶことが出来ます。例えば、ポートレート、風景、集合写真、料理など。この中から選ぶと、カメラが設定してくれます。

また、クリエイティブフィルターというモードは、トイカメラ風や魚眼風、水彩風、モノクロ風など、いろいろな写真を撮ることができます。

ストロボが明るい

よくプロの人達は、一眼レフカメラに大きなストロボを付けて撮影しています。では、カメラ本体のストロボは暗いのか?という疑問が出てきますが、そんなことはありません。
私はCanon EOS kiss x9でストロボを焚いた状態でも写真を撮りましたが、とても明るく綺麗に撮影出来ました。カメラ本体のストロボも、十分に使える明るさです。

Wi-Fiを使って簡単にスマホやパソコンへ写真を送れる
このカメラには、Wi-Fiボタンが付いています。そのため、わざわざ設定メニューから探さなくても、このボタンを押せば、簡単にカメラ独自のWi-Fiを使ってスマホやパソコンに写真を送ることが出来ます。

そうすることで、一眼レフカメラで撮った写真をスマホでSNSに投稿することができるのです。

iPhoneとアンドロイドには、CanonEOS専用の無料アプリがあり、アプリをダウンロードすることで、写真を送ることができます。

実際にCanon EOS kiss X9で撮影した感想

ここからは、私が実際に撮影した感想です。とにかく、一眼レフのカメラの機能に驚きました。

運動会などの子どもの行事にも大活躍!

5月に子どもの運動会がありました。その時、初めて本格的に撮影したのですが、とにかく今までと全然違いました。

いつもと同じ、保護者の観覧席から最大限にズームして撮影したのですが、肉眼ではほとんどわからないのに、ファインダーを覗くと、
しっかり子どもがいる場所や子どもの表情がわかりました。

また、走っている時にも撮影したのですが、全くブレないんです。きちんと走っている姿を捉えていて、かつ、周りがボケている写真が撮れました。

まるで、自分が写真を撮るのが上手くなったのか?!と錯覚するほど。そんなことはないのですが。

改めて、一眼レフカメラは凄いです。これからもたくさん活用して、写真を撮っていきます。

まとめ

いろいろ迷ったり、悩んだりしましたが、Canon一眼レフカメラEOS kiss x9を購入してよかったです。
Canon EOS kiss x9の機能を以下にまとめます。
・小さくて軽くて持ち歩きしやすい
・画質が綺麗(2240万画素)
・液晶モニターが動く
・液晶モニターの設定画面がわかりやすく設定できる
・液晶モニターがタッチパネルで操作できる
・思い通りの写真が撮れる。

これからも、私の相棒として、たくさん使っていきます。
いずれは、自分で絞りなども設定して写真を撮りたいです。

これからの時期、お祭りや花火など、撮りたいものがたくさんあります。皆さんもぜひ、一眼レフカメラで写真を撮ってみてくださいね。

人気ブログランキング参加中 BLOG RANKING

イタガキ マリコ

投稿者の記事一覧

宮城県仙台近郊で活動しているフリーライター。1983年生まれ。スマホやアプリ等のガジェット系、音楽や映画、アニメ等のエンタメ系、カメラで写真を撮るのが大好きです。初心者の人にもわかりやすい記事を心がけています。

関連記事

  1. 【前編】ボスニア・ヘルツェゴビナでオリンパスE-M5 MK2
  2. 「ソフトフォーカスレンズ」使ってみた
  3. カメラが趣味のみなさまへ!
  4. 究極の正統派 ソニー FE 24mm F1.4 GM(SEL24…
  5. 極私的旅の相棒カメラ
  6. Canon EOS kiss x9で実際に写真を撮ってみた!~風…
  7. 高感度番長 ソニーα7SII(α7S2)を1年使用してのレビュー…
  8. キャノンEOS kissX9 オート機能ではなく【絞り優先Avモ…

はじめに

休日クリエイターってなんですか?

休日クリエイター編集部です。写真、音楽、インテリア、料理 etc……

新着記事

気軽にモノ作りが体験できる!大人も楽しいレゴブロックを作って遊ぼう!

こんにちは。休日クリエイターでライターをしているイタガキマリコです。我が家には、たくさんのレゴブロッ…

【前編】noteって何?新規登録のやりかたから投稿の方法まで細かく解説します!

こんにちは。休日クリエイター ライターのイタガキマリコです。私は仕事だけではなく、趣味として…

日常から離れて土と向き合う。念願の「ろくろ陶芸」にチャレンジ!

こんにちは。休日クリエイターのライターもりすけです。本格的な冬の訪れを感じる季節となってきま…

ワンランク上の美味しいホットコーヒーの淹れ方

前回アイスコーヒーの淹れ方をご紹介させていただきましたが、今は冬…温かいコーヒーが恋しくなりますよね…

【体験レポ】おしゃれな壁飾り「クリスマススワッグ」作りに挑戦!

こんにちは。休日クリエイターのもりすけです。クリスマスまで残すところあと1ヵ月ですね。お店で…

【レビュー】消音カメラアプリ『StageCamHD』を実際に使ってみた!

こんにちは。ライターのイタガキマリコです。少し前、iPhoneのカメラアプリはどんなものがあるのか、…

酸味との戦い!ゆずマーマレード作りに挑戦

こんにちは。目指せ!亀仙人です。先日、ゆずを沢山いただきました。「ゆず湯」だけでは余って…

究極の正統派 ソニー FE 24mm F1.4 GM(SEL24F14GM)レビュー&作例紹介 Batis 25mm/F2との比較も

こんにちは。休日クリエイターのライター久道月晴です。ソニー α7SII(ILCE-7SM2)で2…

カメラ

モノづくり

料理

音楽

アプリ

ボティメイク

雑談

PAGE TOP